エアー - AIR 紹介
2011-10-02 (日) | 編集 |
エアー - AIR

共一期,合計13ワード

AIR.jpg



說明:

第一部は現代が舞台であり、主人公であるさすらいの人形遣いの青年(国崎往人)が、海辺の田舎町で偶然出会った少女達と紡ぐひと夏の物語が描かれる。特に本作のメインヒロインである神尾観鈴のシナリオは、難病に冒された観鈴を往人が助けようとするが、結局は観鈴の前から姿を消すという内容である。ゲームの進行は、プレイヤーが選択肢を選びながら男性主人公がヒロインを攻略するというもので、一般的な美少女ゲームと同様である。

第二部では、千年前の夏が描かれ、第一部での主人公とヒロインの間の運命的なつながりが暗示される。第二部以降は、通常の美少女ゲームでは存在する「選択肢による分岐」やポルノシーンがほとんど存在することなくストーリーが進む。

第三部では、現代に戻って第一部と同じ時間・場所が舞台となり同じ物語が反復されるが、プレイヤーの視点は国崎往人ではなくカラスの「そら」となっており、その視点から第一部での往人と観鈴の物語を傍観することになる。そして、第一部で往人が姿を消したあとも、難病の進行が止まらない観鈴がその叔母の晴子と「家族ごっこ」と呼ばれる人間関係を続け、最後には死に至るまでをカラスとして傍観し続ける。

ヒロインの観鈴に世界の存亡がかかっているという意味でしばしばセカイ系作品として言及され、また広義にはループものに分類することもできる。

本作の第一部・第二部・第三部に相当するないし類似するゲーム構成は麻枝准がシナリオを担当したほかの美少女ゲームにも散見され、それには村上春樹の小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』からの影響が指摘されている。


剛剛看完了AIR,雖然詛咒解除了,但是這結局感覺還是有點感傷。
尤其是最後的兩個小孩,伏筆下了很大,看了其他相關資料後
麻枝准也已經申明這兩個小孩並非柳也與神奈的轉生
雖然不是BADENDING,也不能稱的算是GOODENDING,
但是這樣的結局就很好了,13話已經是上限了




第一期 Opening - 鳥の詩



第一期 Ending - Farewell song

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: