異国迷路のクロワーゼ 紹介
2011-09-27 (火) | 編集 |
異国迷路のクロワーゼ

共一期,合計12ワード

異國迷路的十字路口



說明:

19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女・ユネ。彼女はパリの下町アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の一画にある鉄工芸店「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働くことになった。フランスと日本との文化・価値観・思想の違いや働き先の若き店主クロードとの価値観の違いに戸惑い、葛藤しつつも彼女が成長していく様子と、その若き店主・クロードとの交流を描くパリ滞在記。




這部動畫的故事在講述19世紀後半、是西歐正好流行日本文化的時代
而女主角「湯音」便是在這時獨身前往日本,而在日本有著一棟
被玻璃屋頂所覆蓋,落伍於時代的「羅亞的走廊」而日本少女湯音則出現在這裡
這時還是只有很少人知道的事情,而主角湯音便在這裏展開了它的異國生活,
故事持續發展,慢慢瞭解到真正的法國文化。



第一期 Opening - 世界は踴るよ、君と。



第一期 Ending - ここから始まる物語



第一期 Ending2 - 遠く君へ



第一期 Ending3 - Tommorow's Smile

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: