ぼくらの - 地球防衛少年 紹介
2011-09-27 (火) | 編集 |
ぼくらの - 地球防衛少年

共一期,合計25ワード

地球防衛少年





說明:

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。ココペリは「自分の作ったゲームをしないか」と子供達を誘う。ゲームの内容は、「無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う15体の巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現し、ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。……戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。


簡單的在講述15個小孩子們,因為暑假的關係而一起到自然學習學校渡過暑假
某一日,突然提議說要去附近的洞窟裡面探險,結果一進去,就發現了有光
而在裡面看到了數台電腦,過了不久自稱「可可貝利」的男子走了進來
並邀請再廠的15位小孩子們一起玩它所製作的遊戲,並簽下了契約
而就在遊戲開始時,可可貝利就將他們帶到了巨大的機器人裡面,
而不久就出現了第一個敵人,將其打敗後說著只要打敗15位機器人就可以完成遊戲。
而故事劇情繼續發展,竟然要啟動機器人的條件是人類的生命,15位少年少女們有沒有方法
解除契約,逃離這場恐怖的遊戲。。



第一期 Opening - Uninstall



第一期 Ending - Little Bird



第一期 Ending2 - Vermillion

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: