もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 紹介
2011-09-27 (火) | 編集 |
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

共一期,合計10ワード

如果杜拉





說明:

川島みなみは東京都立程久保高校2年生。7月の半ばに、病に倒れた親友で幼なじみの宮田夕紀に頼まれ野球部のマネージャーを務めることになった。

マネージャーになる際に、「野球部を甲子園に連れて行く」という目標を立てるが、監督や、やはり幼なじみでキャッチャーの柏木次郎を始めとする部員らの反応は冷めたものだった。事実、全国屈指の激戦区である西東京地区を勝ち抜くことは、現在の程高の実力では到底無理で、甲子園出場など夢のまた夢。さらに部内でも部員のやる気のなさや、監督の加地とエースピッチャー浅野との確執など問題が山積していた。だが、逆境になるほど闘志を燃やすタイプの彼女は、諦めるどころかやりがいを感じていた。

まずはマネージャーのことを理解しようと、書店で「マネジメント」の本を探すみなみは、店員に薦められるままにドラッカーの『【エッセンシャル版】マネジメント〜基本と原則〜』を購入する。だが、それが起業家や経営者のための本だったことを知り、「確認してから買うんだった!」と後悔する羽目になったが、「せっかく2,100円も出して買ったんだし……」と気を取り直し、初めは参考程度に読み進める事にする。しかしその途中本文にあった「マネジメントに必要な唯一の資質は真摯さ」という言葉に衝撃を受け、なぜか号泣してしまう。その後、彼女はこの本の内容の多くが野球部の組織作りに応用できることに気付き、次第に夢中になっていく。

こうしてマネージャー(この場合は組織や団体、機関の管理者)の資質、組織の定義付け、マーケティングやイノベーションの重要性など、『マネジメント』を通じて様々なことを学んだみなみは、自分が「マネージャー」となって野球部をマネジメントできないものかと考え、夕紀や加地、後輩マネージャーの文乃、同じく『マネジメント』を愛読している二階らに協力を仰ぎ、『マネジメント』で学んだことを野球部の運営に当てはめ、部をより良くしていく方策を次々と実践していく。

『社会に対する貢献』を視野に入れた彼女のマネジメントは、野球部のみならず同校の柔道部や家庭科部等、程高の他のクラブにも好影響を与えていく。程高野球部が打ち出した「ノーバント・ノーボール」作戦は、後に高校野球にイノベーションを起こし、「程高伝説」と呼ばれるまでになる。

西東京地区予選を破竹の快進撃で決勝まで上り詰め、甲子園にリーチをかけた程高野球部。しかし決勝戦を前に、突然の悲劇がみなみを襲う。



這部的話給我一開始是在說明原經理因為生病,然而拜託女主角去代理經理
但是女主角一點經驗都沒有,而去書局逛了看看有沒有管理類別的書籍
於是看到了「彼得杜拉克」的管理學,然而彼得杜拉克的管理學這本書籍是在講企業的相關知識
女主角把它的觀念沿用到了經營棒球部的身上,朝著「甲子園」的目標邁進
雖然劇情只有短短的10話,劇情雖然是有些老套的劇情發展了
但是,最後也是有讓我眼眶小紅哭了一下。
我對這部的評價


「簡單的劇情發展,簡單的人物描繪,卻帶來一份簡單的感動。」




第一期 Opening - 夢ノート



第一期 Ending - 大好きだよ

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: