俺の妹がこんなに可愛 紹介
2011-09-25 (日) | 編集 |
俺の妹がこんなに可愛


共一期,合計18ワード

我的妹妹哪有這麼可愛



說明:

波乱のない普通の人生を志向する男子高校生・高坂京介は、数年前から中学生の妹・高坂桐乃から挨拶もされずまるで汚物を見るかのように蔑んだ視線を送られるような関係になっていた。京介自身もまた非凡な才能に溢れる生意気な妹を嫌っており、そうした冷え切った関係がこれからもずっと続くかに思われていた。

ところがある日、京介は自分の家の玄関で、高坂家では自分も含めて誰も見そうにない魔法少女アニメ『星くず☆うぃっちメルル』のDVDケースが落ちているのを発見する。しかも、そのDVDケースには『メルル』のDVDでなくアダルトゲーム『妹と恋しよっ♪』が入っていた。京介は夕食の卓を囲みながら両親に『メルル』の話題をそれとなく振ってみるが両親、特に警察官である父親はオタクに対する偏見が非常に強く否定的な反応が返って来るのみであった。ただ一人あからさまに不審な反応を返したのは、持ち主としては最もありそうにないと思えた妹の桐乃であった。

その後ややあってケースの持ち主が桐乃であることを確信するに至った京介は、詳しいことは問い詰めずにDVDケースとその中身を桐乃に返す。しかしその後のある晩[注 4]、これまで挨拶もろくに交わさなかった桐乃が突如として「人生相談がある」と称して京介の部屋に押しかけて来て、実は彼女が萌えアニメや「妹萌え」シチュエーションの男性向け美少女ゲームを蒐集していることや、そうした作品に登場する萌えキャラクターがどうしようも無く好きで堪らないこと、そして誰にもそのことを打ち明けられずに悩んでいたことをカミングアウトされてしまう。京介は内心ドン引きしつつも、苦手な妹を適当にあしらうつもりで[37]、彼女の趣味に理解を示すそぶりを装い、秘密は守るし困ったことがあればできる範囲で協力するという空約束をする[38]。そして厄介ごとを他人に押し付けるためにも[39]、インターネットのSNSへの入会を勧め、妹の趣味に理解を示してくれるような「裏」の友人探しを手伝うことにする。

しかし京介はSNSのオフ会を通じて知り合った黒猫や沙織・バジーナたちとの交友関係を通して、桐乃の趣味にかける真剣さや、痛々しいまでの情熱を知るようになり、少しずつ己の考えを改めるようになる。桐乃が愛好する作品には世間では眉を顰められるようなものも含まれており、そのことから周囲との軋轢も生んでいくが、京介は口では妹のことを毛嫌いし、表面的には不仲な関係を継続しつつも、時には身体を張り恥をかなぐり捨ててでも妹の趣味を守ろうと奮闘するようになり、無関心だった桐乃との関係性を次第に変化させていく[40]。また京介自身も、妹が持ち込んだ大小さまざまな事件、夏コミへの同行、桐乃が書いたケータイ小説の出版騒動[注 5]などを経て、今まで幼馴染である田村麻奈実との居心地のいい関係に甘んじていた自分を取り巻く環境の変化を実感していく。

やがて進級を前にした桐乃の唐突なアメリカへのスポーツ留学と、京介自身のゲーム研究会への入部を通して、京介とは様々な出来事を通して共に奔走する仲間でもあった黒猫との関係も進展していく。その一方、留学先で成果を出せず悩んでいた桐乃を日本に連れ戻したことなどをきっかけに、表面上は一貫して兄を嫌っているかのように見える桐乃の本心といった事柄も物語に関わるようになる。





這部人氣可是很高的,是在形容男主角的妹妹「高坂桐乃」
它是個學生,同時也是個模特兒,在某次的機緣下與哥哥「高坂京介」
展開了第一次的人生探討,而探討的竟然是妹妹那一個不為人所知的一面




第一期 Opening - irony



第一期 Ending - 妹プリ〜ズ



第一期 Ending2 - Shine!



第一期 Ending3 - ほらいずむ



第一期 Ending4 - 白いココロ



第一期 Ending5 - オレンジ



第一期 Ending6 - マエガミ☆



第一期 Ending7 - Masquerade!



第一期 Ending8 - カメレオンドーター



第一期 Ending9 - 好きなんだもん!



第一期 Ending10 - いいえ、トムは妹に対して性的な興奮をおぼえています



第一期 Ending11 - Dance Now!!



第一期 Ending12 - ただいま。



第一期 Ending13 - †命短し恋せよ乙女†



第一期 Ending14 - 贖罪のセレナーデ



第一期 Ending15 - keep on runnin'



第一期 Ending12(True End) - READY

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: