アクセル・ワールド 紹介
2012-10-04 (木) | 編集 |
アクセル・ワールド

共一期,合計25ワード

Accel World


2046年、ニューロリンカーという携帯端末を用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。

東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりイジメや誂いの対象となり、辛い日々を送っていた。イジメは中学に入学してからも収まらず、ハルユキはままならない現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。

「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」

戸惑いながらも黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、有線直結通信で謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。

こうして、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」になったハルユキは、デュエルアバター「シルバー・クロウ」を操り、もう一つの世界である「加速世界」で繰り広げられる戦いに身を投じてゆく。

故事發生在人人都使用名為「Neuro-Linker(神經連結裝置)」的終端設備連線,生活的大半時間都建構在網路世界的不遠未來。

因為身材肥胖而受到欺凌的學生有田春雪,過著一邊詛咒現實,一邊躲在校內網路一角提升自己壁球遊戲的分數最高紀錄的日子。某天,美麗的副學生會長黑雪公主突然出現在他的面前,留下了謎一般的話語:

少年…想不想「加速」到更快的境界?

接受黑雪公主邀請的春雪,使用有線連接通信下載到名為「Brain Burst」的程式。此靠著Neuro-Linker的量子接續作用,擁有能夠提升思考速度一千倍的效用。成為「Burst Linker(超頻連線者)」的春雪,操縱著自己的角色,投入戰鬥之中。


第一期 Opening - Chase the world



第一期 Ending - →unfinished→



第一期 Opening2 - Burst The Gravity



第一期 Ending2 - ユナイト

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: