ペルソナ 4 - PERSONA 4 - 女神異聞錄 4 紹介
2012-04-04 (水) | 編集 |
ペルソナ 4 - PERSONA 4 - 女神異聞錄 4

共一期,合計25ワード

Persona4_20120404191953.jpg


說明:

本作は、田舎町に住む親戚の家に一時預けられることになった高校生の主人公が、
町で起こる怪奇連続殺人事件の謎と、その裏に潜む異界の存在に仲間達と共に挑んでゆくジュブナイル伝奇RPGである。

ゲーム発売時点では3年先の未来であった2011年の現代日本を舞台に
正体の分からない犯人の謎を追うミステリ要素と、異世界で繰り広げられるバトル
その合間の日常を通じて繰り広げられる青春群像劇という、3つの要素が並行しながら物語が展開する。

作品としては、それまでのペルソナシリーズから大きく異なる趣向で制作された『ペルソナ3』を踏襲した上で
新たな展開を目指した作品である。『ペルソナ3』とは同一世界上の2年後の出来事であると設定されており
作中には主人公らが学校行事の一環として、前作の舞台であった月光館学園を訪れる場面もある。
一方で前作の内容を知らないプレイヤーでも楽しめる内容が意図されており
ストーリーは本作のみで完結する内容となっている。
前作で好評だったデザインなどのスタイリッシュな雰囲気は残しながらも、前作の舞台「都会」に対し「地方都市」
全体のカラーや雰囲気が「ダーク」に抑えられていた前作に対して今作は「ウォーム」
なイメージ、デザイン面でも「フィクション色が強すぎるデザインは控える」などの変化が付けられている。
また、本作のアートディレクター副島成記は、本作の根底のイメージを
「最初からアナログで通すつもりだった」としている。


故事發生在2011年的四月,主人公「鳴上悠(なるかみ ゆう)」雙親要往海外出差
而將主人公一個人留在日本,而以一年為限暫居在舅父家裡而轉到了八十神高中。
在不經意的情況下聽到了關於午夜電視的謠言「在午夜的12點,看著沒有開著的電視上自己的臉,就會浮現另一個人的影像」
而主角與其同伴們在確認午夜電視的真假的時候被拉進電視進入了異次元空間
而這世界竟然與正流行於主人公所在的城市發生的連續殺人案件有關聯,而主角在空間裡接觸了怪物
因而覺醒了Persona的能力,不過主角們自認為警方不會相信這件事,便決定自己解決起這起事件。


第一期 Opening - Pursuing My True Self



第一期 Opening2 - sky's the limit(Ending 1)



第一期 Opening3 - True Story



第一期 Opening4 - key plus words



第一期 Opening5 - Burn My Dread



第一期 Ending2 - Beauty of Destiny



第一期 Ending3 - 恋する名探偵



第一期 Ending4 - The Way of Memories -キズナノチカラ-



第一期 Ending5 - ほんとのきもち(找的好辛苦啊‧大小強制更改,裁減失禮)

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: