【Playing】CLANNAD
2012-03-27 (火) | 編集 |
CLANNAD


CLANNAD_20120327210117.jpg

說明:


Keyの前2作である『Kanon』、『AIR』が18禁のPCゲームとして発売されたのに対し
本作は全年齢対象のPCゲームとして2004年4月28日に発売された。
人と人との「絆」をテーマに描かれた本作は『Kanon』・『AIR』に続き三たび大ヒット作となった。

2008年2月29日に発売された『CLANNAD FULL VOICE』では
後述の移植版とアニメに準拠したキャラクターボイスの実装に加え
ゲーム画面解像度の向上とイベントCGの追加がなされた。さらに、2010年5月28日には
『CLANNAD メモリアルエディション』 (全年齢対象/windows7対応)が発売された。

またスピンオフ作品に、本作ヒロインの1人である坂上智代との後日談を描いた
『智代アフター 〜It's a Wonderful Life〜』(18禁)がある。

プレイステーション2版(CEROレーティング15才以上対象)は、キャラクターボイスを実装しインターチャネル
(現ガンホー・ワークス)より2006年2月23日に発売された。なお『CLANNAD』の出演声優はPS2版以降で
端役と(PS2版で音声のない)主役を除けば、テレビ・劇場版アニメを含め変更はない。

他にプロトタイプよりPSP版が2008年5月29日に、Xbox 360版が2008年8月28日に発売された。Xbox 360版では『CLANNAD FULL VOICE』よりも高解像度となり、BGMと一部音声が5.1ch化された。携帯電話向けには、ソフトバンクモバイルのSoftBank 3G端末とNTTドコモのFOMA向けアプリが2007年1月16日に公開された。プレイステーション3版の発売日は2011年4月21日である。

漫画版としては、2005年から月刊コミックラッシュにみさき樹里作画の
『CLANNAD オフィシャルコミック』が連載されている他、2007年からは「電撃G's magazine
(その後電撃G's Festival! COMICにて移籍連載)」

においてしゃあの作画、「コミデジ+」において藤井理乃の作画(タイトル『CLANNAD 〜光見守る坂道で〜』)にてもそれぞれ連載された。
また、2005年12月には「電撃G's magazine
」に掲載されていたショートストーリーに書き下ろしを追加したオフィシャルサイドエピソード集
『光見守る坂道で』が発売され、2007年にはこれのドラマCDがプロトタイプよりリリースされた。
アニメ版としては『AIR』と同じく東映アニメーション制作による劇場版アニメが2007年9月15日に公開され
東京単館(ミニシアター)公開作品の週末観客動員数ランキング(ぴあ調べ)で初登場第1位を記録した。

さらに、『AIR』・『Kanon』(第2作)と同じく京都アニメーション制作によるテレビアニメが
2007年10月4日から第1期全23回、2008年10月2日第2期全24回で放送された。




PV↓








如果需要下載點歡迎至來本串或者BBS留言,Restuniton.Solo會幫大家上傳到網路空間的。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: