未来日記 紹介
2012-04-16 (月) | 編集 |
未来日記

共一期,合計26ワード

未來日記


周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は
見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは
時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。もっとも
これらは雪輝の空想のはずだった。

ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。
それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。
しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いることと
その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲーム
(内容的にはバトルロワイヤル戦に等しい)が開かれていることを知る。

1stとなった雪輝はクラスメイトの我妻由乃が同じく未来日記所有者の2ndであること
自分に対する異常な偏愛を持ったストーカーであることを知る。彼女の協力を経て
連続殺人犯である日記所有者3rd火山高夫に殺される予知(DEAD END)を覆し撃退するが
この「奇跡を超える奇跡」により、雪輝は、他の日記所有者から命を狙われる事になる。
そして、雪輝は、由乃や他の日記所有者、クラスメイトや警察官西島の協力を受けながら
この殺人ゲームに立ち向かっていく。



故事的主人公「天野雪輝(あまの ゆきてる)」的習慣就是單獨行動自立,遠離所有身邊週遭的人
而將自己化為旁觀者的立場紀錄所有發生在自己週遭的事物,並以日記的型態記錄在手機中。
某日,主人公突然收到了來自 時空之神的邀請,時空之神將未來日記的能力移植到他的手機當中。
這日記記錄的是未來會發生的種種事情,包含考試的內容,遇到的危險…等。
但是卻有副作用,就是此日記一旦被破壞,持有者就會立即死亡消失。
而時空之神說了,擁有同樣的日記的人總共有十二位,這十二位都是這場生存遊戲的參賽者。
互相破壞對方的日記到最後只剩下一位日記持有者時,便會代替神空之神,成為世界的神。
於是這場激烈的生存遊戲就此開始。


第一期 Opening - 空想メソロギヰ



第一期 Opening2 - Dead END



第一期 Ending - Blood teller



第一期 Ending2 - filament


ファイ・ブレイン 神のパズル - 黃金腦 - 神之謎 紹介
2012-04-04 (水) | 編集 |
ファイ・ブレイン 神のパズル - 黃金腦 - 神之謎

共一期,合計25ワード

Phi Brain

說明:

主人公。√学園高等部1年で特待生。16歳。
決め文句は「俺に解けないパズルなんかねぇ」「パズルタイムの始まりだ」。
「アインシュタインの称号」の持ち主。パズルを見て、作った者の「想い」を感じ取ることが出来る。

神のパズルを解くファイ・ブレインに最も近い存在として
POGのギヴァー達から様々なパズルに挑戦させられることになる。
POG曰く、オルペウスの腕輪に選ばれた者。
幼い頃、彼の両親の葬式の際に彼を慰めようとしたノノハのお菓子を食べるも強烈に不味かったようで
それ以降、ノノハの作るお菓子を「ノノハスイーツ」と呼んで激しい拒絶反応を示している
(現在は味は悪くない様子)が、24話では、普通に食べている。その後
ルークの計画を阻止するため、ノノハに別れを告げ、オルペウス島へと向かって行った。
少年時代に愚者のパズルで両親を亡くしている。その後バロンに引き取られ、一時期イギリスのクロスフィールド学院に留学していた。現在は√学園高等部に通っている。
軸川ソウジからもらった端末に届くデータがきっかけとなり「賢者のパズル」に挑戦してゆくこととなる。
名前の由来は「問題解答」。


主人公「大門界人(ダイモン カイト」從英國歸國後進入了√學園
因解開「學校後山的謎題」而得到「俄耳甫斯」,在緊急關頭會讓大腦活躍到極限去解謎。
但使用完這個效果後,界人因體力不支暈倒,曾解開哲學家給的謎題而獲得了愛因斯坦的稱號。
比起其他事情,對他來說最喜歡的就是解謎。
名言為「沒有什麼我解不開的謎題。」,而這樣的他招遇了愚者之謎的洗禮。


第一期 Opening - Brain Diver



第一期 Ending - ホログラム

ペルソナ 4 - PERSONA 4 - 女神異聞錄 4 紹介
2012-04-04 (水) | 編集 |
ペルソナ 4 - PERSONA 4 - 女神異聞錄 4

共一期,合計25ワード

Persona4_20120404191953.jpg


說明:

本作は、田舎町に住む親戚の家に一時預けられることになった高校生の主人公が、
町で起こる怪奇連続殺人事件の謎と、その裏に潜む異界の存在に仲間達と共に挑んでゆくジュブナイル伝奇RPGである。

ゲーム発売時点では3年先の未来であった2011年の現代日本を舞台に
正体の分からない犯人の謎を追うミステリ要素と、異世界で繰り広げられるバトル
その合間の日常を通じて繰り広げられる青春群像劇という、3つの要素が並行しながら物語が展開する。

作品としては、それまでのペルソナシリーズから大きく異なる趣向で制作された『ペルソナ3』を踏襲した上で
新たな展開を目指した作品である。『ペルソナ3』とは同一世界上の2年後の出来事であると設定されており
作中には主人公らが学校行事の一環として、前作の舞台であった月光館学園を訪れる場面もある。
一方で前作の内容を知らないプレイヤーでも楽しめる内容が意図されており
ストーリーは本作のみで完結する内容となっている。
前作で好評だったデザインなどのスタイリッシュな雰囲気は残しながらも、前作の舞台「都会」に対し「地方都市」
全体のカラーや雰囲気が「ダーク」に抑えられていた前作に対して今作は「ウォーム」
なイメージ、デザイン面でも「フィクション色が強すぎるデザインは控える」などの変化が付けられている。
また、本作のアートディレクター副島成記は、本作の根底のイメージを
「最初からアナログで通すつもりだった」としている。


故事發生在2011年的四月,主人公「鳴上悠(なるかみ ゆう)」雙親要往海外出差
而將主人公一個人留在日本,而以一年為限暫居在舅父家裡而轉到了八十神高中。
在不經意的情況下聽到了關於午夜電視的謠言「在午夜的12點,看著沒有開著的電視上自己的臉,就會浮現另一個人的影像」
而主角與其同伴們在確認午夜電視的真假的時候被拉進電視進入了異次元空間
而這世界竟然與正流行於主人公所在的城市發生的連續殺人案件有關聯,而主角在空間裡接觸了怪物
因而覺醒了Persona的能力,不過主角們自認為警方不會相信這件事,便決定自己解決起這起事件。


第一期 Opening - Pursuing My True Self



第一期 Opening2 - sky's the limit(Ending 1)



第一期 Opening3 - True Story



第一期 Opening4 - key plus words



第一期 Opening5 - Burn My Dread



第一期 Ending2 - Beauty of Destiny



第一期 Ending3 - 恋する名探偵



第一期 Ending4 - The Way of Memories -キズナノチカラ-



第一期 Ending5 - ほんとのきもち(找的好辛苦啊‧大小強制更改,裁減失禮)

戦姫絶唱シンフォギア - Senhime Zessho Symphogear - 戰姬絕唱 SYMPHOGEAR 紹介
2012-04-04 (水) | 編集 |
戦姫絶唱シンフォギア - Senhime Zessho Symphogear - 戰姬絕唱 SYMPHOGEAR

共一期,合計13ワード

Symphogear.jpg


說明:

立花響は、人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」のライブを観に行く。
幼馴染である小日向未来の誘いでライブを初めて体験する響は、ステージの上で舞うように歌う2人
天羽奏と風鳴翼の姿に感動していた。しかしその矢先、会場がノイズの襲撃を受ける。
崩れゆくライブ会場で呆然と立ち尽くす彼女が見たのは
謎の歌を口ずさみ武装した奏と翼がノイズの大群を掃討している姿だった。
その最中、ノイズの猛攻で奏の装甲が砕け散り、その破片が響の胸を直撃する。
「生きるのを諦めるなッ!」という言葉を薄れゆく意識の中で聴いた響は
命を賭した攻撃で力尽きた奏の最期を見て気を失った。
それから2年後、響は未来と共に、私立リディアン音楽院の高等科に進学する。
事件の記憶をかすかに覚えていた響は、ソロ歌手として活動しつつリディアンに在学する翼に会い、
あの日に何が起こったのかを尋ねようとしていた。その矢先、街中で再びノイズが出現する。
母親とはぐれた幼い少女を連れて逃げる響だったが、ついに追い詰められてしまう。
それでも希望を捨てなかった響は、奏が口にした「あの歌」を口ずさむ。
すると、身体が強烈な光を発し、かつての奏と同じような姿へと変貌を遂げるのであった。


在未來,有一組非常具有人氣的歌唱組合,其名為雙翼(Zwei Wing)
而這個組合舉行了非常大規模的演唱會,不過在演唱完第一首歌曲之後
會場中央突然出現了大量的Noise進行大範圍的攻擊,而雙翼其成員「風鳴翼、天羽奏」
便化身為Symphogear戰鬥型態,而其歌迷「立花 響(たちはな ひびき」便被牽連在內
而兩年後成就了完全不同的她。


第一期 Opening - Synchrogazer



第一期 Ending - Meteor Light



男子高校生の日常 紹介
2012-04-01 (日) | 編集 |
男子高校生の日常

共一期,合計12ワード

男子高校生的日常

說明:


「○×県立真田北高校」(男子校)に通う男子高校生たちの、日常の中の笑いを描くギャグ漫画。
「くだらないけれどコミカル」「バカなドタバタ」と評されるような種類の笑いを描いており
読者が自らの高校時代の日常を懐かしく振り返ったり共感したりできるような作風となっている。

公式配信サイト上では、部活シーンや恋愛といった劇的な展開すら起こらない
リアルな日常をテーマにした作品であることがアピールされている。



哎呀,這部動畫真的很好笑,而且剛好Solo本身就是個高中生
也即將邁入大學生活了,看到這部符合日常生活就看的津津有味
簡單來說就是在描寫一群高中生的日常生活故事而已
不過有舊梗也有新梗,如果打算看輕鬆動畫類的朋友一定要看看這一部動畫!



第一期 Opening - Shiny tale



第一期 Ending - 文学少女



第一期 Ending2 - おひさま